超音波式アロマ加湿器は危険なの?超音波式を使う場合の注意点

良い香りは気分をすっきりさせ、気持ち的に落ち込んでいるときなどにはうれしい効果をもたらす場合があります。

冬場に活躍する超音波加湿器にアロマを加えて使われる方も多いようですが、間違えた使い方をすると危険です。

まず、アロマを加えられる超音波の加湿器であっても、オイルの種類によっては入れていけないものもあります。

加湿器のタンクに入れて良いのは「エッセンシャルオイル」のなかの「水溶性のエッセンシャルオイル」です。

加湿器

基本的には水溶性のオイル。他は説明書で確認すること

エッセンシャルオイルには水溶性のものと脂溶性のものがあり、加湿器のタンクに入れられるのは水に溶けるタイプの水溶性になります。

ただし、脂溶性のオイルを使えると明記された超音波加湿器もあるので、説明書で確認することが大切です。

タンクに入れられなくても蒸気の噴出口に受け皿が付けられた加湿器もあり、脂溶性のオイルはこちらへ入れて使うことが可能です。

水溶性のオイルはエッセンシャルオイルを水に溶けるよう乳化させたもので、アロマテラピー効果はあまり期待できないのですが手軽に香りを楽しめます。

超音波加湿器で使えないのは香りを楽しむために作られた人工香料のリフレッシャーオイルで、これも脂溶性です。

このオイルは専用のポットの上で温めたり、ポプリに振りかけて使用するもので、「ポプリオイル」「フレグランスオイル」と明記されているだけなので注意が必要です。

勿体ない、面倒は病気になる危険性も

超音波の加湿器が危険といわれる原因は、水を沸騰させた蒸気ではなく水を小さな粒にして空中に飛ばしていることにあります。

水がタンクに半分以上残っていると、「勿体ない」「面倒」という理由から捨てずにそのまま使ってしまうこともあるでしょう。

そうするとアロマオイルのような成分をエサとして雑菌が繁殖し、その水分が部屋の空中を飛び交うことになります。

レジオネラ菌のような細菌が増えると肺炎などを起こす危険があるので、使い方を十分に考える必要があります。

アロマを入れる場合にも正しい使い方をしていれば大丈夫なので、まずは水道水を使うことだけは忘れないようにしましょう。

水道水ならば塩素で消毒が行われているので、雑菌が増える心配は少なくなります。

これを天然水や浄水器を通した水では雑菌が増え易いだけでなく、加湿器が故障することもありますので気をつけてください。

さらに毎回新しい水を入れること、使ったあとは必ず乾燥させることが良いといわれます。

特にオイルなどを入れると汚れにもなるので、手が届く範囲で洗って清潔にしておきましょう。

コメント