アロマの香りはアトピーに効果があるの?

アロマセラピーは香りを放出する芳香植物であるハーブから抽出される100%天然のエッセンシャルオイルを使い、心身の様々な不調をケアする方法です。

一般的にアトピーを発症する原因の1つとしてストレスを挙げることができますが、ストレスはかゆみがあるとさらに強くなります。

ストレスが増えるとかゆみも酷くなることから、悪循環に陥ってさらに症状が悪化してしまうことがあるので注意しなければなりません。

アトピー

アロマの成分・香りとアトピーとの改善効果

エッセンシャルオイルは精油とも呼ばれており鎮静効果やかゆみを抑える効果が期待できるもの、殺菌効果のあると言われているものがアトピーの改善に有効です。

治療に使われるアロマの代表的なものにはティーツリーとラベンダー、カモミールの3種類があります。

ティーツリーはフトモモ科のハーブで殺菌効果があるため、オーストラリアの原住民たちによって昔から使用されてきました。

葉から抽出したエッセンシャルオイルは殺菌効果だけでなく免疫機能を高める働きもあり、皮膚への刺激が比較的少ないという特徴が存在します。

ラベンダーはシソ科のハーブで殺菌効果と鎮静効果が期待でき、花や葉から抽出したエッセンシャルオイルは流行病を防ぐといわれ古代から薬用植物として利用されてきました。

カモミールはキク科のハーブでかゆみを抑える働きがあり、薄い青緑のエッセンシャルオイルはリンゴのような香りがします。

花から抽出されたオイルはかゆみ以外にも湿疹や乾燥肌を改善してくれます。

エッセンシャルオイルを使ったアトピーの改善法[ad]

エッセンシャルオイルをアロマセラピーで利用する方法には芳香浴や吸引、入浴やオイルマッサージなど様々な種類があります。

芳香浴は香炉などを使ってオイルをミスト状にして空気中に拡散させる方法で、吸入は熱湯にオイルを入れて蒸気を吸う方法です。

入浴時にバスタブにオイルを入れたり、植物油で希釈して皮膚に塗りマッサージをする方法もあります。

その他にも湿布やシャンプー、軟膏などの形でエッセンシャルオイルを使用する方法などが存在します。

アロマセラピーを利用して気分を上手くリラックスさせストレスを減らすことができれば、かゆみも軽減できるためさらにストレスが少なくなるでしょう。

100%天然成分を活用すればストレスを軽減して効率的にアトピーを治療することも可能です。

アレルギー物質やストレス、乾燥肌などアトピーには様々な原因が存在するのでそれぞれに応じた正しい方法で治療を行う必要があります。

医師と相談しながら適切な治療を行うと同時にアロマセラピーを上手く利用すれば、より効率的に症状を改善できるでしょう。

コメント