子供のアレルギー性鼻炎に効果的なアロマの使い方

アロマオイルには抗炎症作用があり鼻水や鼻詰まりなどのアレルギー症状を緩和してくれるものがあるので、子供がアレルギー性鼻炎で悩んでいるのであれば試してみるとよいでしょう。

免疫力を高めてくれるエッセンシャルオイルを使えば、最初から信頼に備わっている自然治癒力が高まってアレルギー症状の進行を抑制できます。

くしゃみや鼻水などの症状には自律神経が関係していますが、自律神経のバランスが崩れると症状が酷くなることがあります。

アロマオイルは自律神経のバランスを整えてくれるため、アロマセラピーによってアレルギー性鼻炎の症状が緩和されたケースも多く見られます。

子供 アレルギー

アレルギー性鼻炎の改善におすすめなアロマオイル

子供がアレルギー性鼻炎で悩んでいる場合にはティートゥリーやペパーミント、ユーカリ・ラディアタやラベンダーなどのエッセンシャルオイルを試してみるとよいでしょう。

ティートゥリーは薬草のような爽快感のある香りで免疫を増強する作用があるので、アレルギー症状の緩和が期待できます。

ペパーミントはガムや歯磨き粉などにも使用されているハーブで、すっきりとしたメントールの香りが特徴です。

メントールは鼻の粘膜の炎症を抑える効果があるだけでなくリフレッシュ効果も高いので、鼻詰まりや頭重感によって意識がはっきりしない場合の気分転換にも役立ちます。

ただしペパーミントは乳児や幼児への使用や妊娠中・授乳中の使用は避ける必要があります。

ユーカリ・ラディアタはすっきりとした清涼感はある香りが特徴的なハーブで、抗炎症作用と免疫力を高める効果が期待できます。

鼻水や鼻詰まりなどの症状を緩和してくれるので、アレルギー性鼻炎の人に最適です。

ラベンダーは爽やかな花の香りが特徴的なハーブで、鎮静作用があるため過敏になっている粘膜の炎症を抑えてくれます。香りがよいだけでなくリラックス効果も高いので人気があるアロマオイルです。

マスクなどを使ったアロマオイルの活用法

また、アロマオイルを使ってアレルギー性の鼻炎を治すにはマスクに垂らしたり吸入するなど様々な方法があるので、子供に合った方法を選ぶとよいでしょう。

マスクの外側に1滴垂らすだけでも鼻炎を緩和する効果が期待できますが、オイルが直接肌に触れないように注意してください。

ティッシュやコットンにオイルを1滴垂らし、オイルが付いていない方を肌側にしてマスクに挟む方法も効果的です。

オイルを吸う場合は吸入器を使用する方法や、40度から50度のお湯を張ったマグカップなどに1滴から3滴ほど垂らす方法があります。

洗面器に熱めのお湯を入れてオイルを1滴から4滴ほど垂らし、浸したタオルを絞ってから鼻全体を覆って温める方法もおすすめです。

コメント