アロマは赤ちゃんにどんな影響がでるの?気をつけて使うには?

赤ちゃんに対してベビーマッサージを行うと、乾燥した肌に潤いを与えることができるだけでなくスキンシップによって安心感を与えることができるというメリットがあります。

ベビーマッサージでアロマオイルを使用することがありますが、乳幼児は一般的に抵抗力が弱く体重が少ないためオイルに含まれる成分の影響を受けやすいので注意が必要です。

基本的にマッサージを行う際にはエッセンシャルオイルを使わずにスイートアーモンドオイルやホホバオイル、グレープシードオイルなどのキャリアオイルのみを使用するようにしてください。

エッセンシャルオイルは部屋で芳香浴をする場合のみ使うとよいでしょう。

赤ちゃん

アロマオイルのリラックス効果で赤ちゃんの寝付きがよくなる

アロマオイルのリラックス効果に個人差がある点では子供も大人も変わりはありませんが、ラベンダーの香りによって赤ちゃんの寝付きがよくなったというケースも多く見られます。

子供の寝付きが悪い夜などにはラベンダーの香りを試してみるのもよいでしょう。

ティッシュにエッセンシャルオイルを1滴から2滴ほど染み込ませるだけでも心地よい香りが空間に広がります。

ラベンダーの他にもカモミールやマンダリン、オレンジなどを使うと赤ちゃんの気分をリラックスさせることができます。

ただし香りは弱めにするのが基本で、熱くなる器具は火傷の可能性があるので避けてください。

赤ちゃんの誤飲や目に入れる行為などを防ぎましょう

赤ちゃんのいる家庭でアロマオイルを利用する場合に最も注意しなければならないのは誤飲を防ぐことです。

エッセンシャルオイルの小瓶は、小さな子供の手が絶対に届かない場所に保管してください。

特に2歳くらいの子供は活発に動き回るため、小瓶の蓋を開けて誤って飲んでしまうことがあります。

アロマオイルの小瓶には基本的にドロッパーが付いているので一気に飲んでしまうようなことはありませんが、舐めたり目に入れる可能性が考えられます。

思わぬ事故を防ぐにはエッセンシャルオイルの保管場所に十分気をつけることが大切です。

幼い子供にアロマオイルを使うのであれば、年齢によって使用方法を変える必要があります。

0歳から3歳未満の子供の場合は、直接的にエッセンシャルオイルが肌に触れる肌に触れるトリートメントや入浴などを避け短時間かつ低濃度の芳香浴にとどめます。

3歳以上の子供にはトリートメントや入浴などでエッセンシャルオイルを使えますが、子供は成分の影響を受けやすいので濃度と使用量を大人の10分の1から半分程度にするとよいでしょう。

コメント