アロマストーンの香りを楽しむための置き方は?

スポンサーリンク

キャンドルやポット、そしてディフューザーのように、様々な方法の充実によって、アロマの楽しみ方が広がっています。

複数ある器具の内、アロマストーンは可愛らしいデザインが多く、火や電気を使わない点が特徴に挙げられます。

そのため、比較的安全性が高く置き場所の制限を受けにくいのが、大きな特徴だといえます。

アロマストーン

置き方は基本的に自由!

アロマの香りを楽しむアロマストーンの置き方は、基本的に自由なので、定番のテーブルも良いですし、低いところや高いところを試してみるのもありです。

ただし、不安定な台の上などだと、ぶつかった衝撃などで落ちる恐れがありますから、必ず平らな場所を選びましょう。

アロマストーンは少しずつ香りが拡散するので、緩やかに残量が減少していく傾向です。

それでも、室温や湿度の影響を受けますから、なるべく直射日光が当たらない、風通しの良い涼しいところが理想的です。

直射日光はアロマオイルの揮発を加速させたり、香りの質の変化を招く可能性が考えられます。

本体の劣化や破損の原因にもなりますから、改めて直射日光には気をつけましょう。

また、風の流れが乏しい場所だと、湿気がこもったり上手く香りが広がらなくなります。

湿気を含む空気は重く、アロマの拡散を妨げる原因になるので、やはり高温にならない涼しい場所に安定した置き方をするのがベストです。

スポンサーリンク

高いところに設置する場合や狭い空間について

あと、そのまま平らな面に置くのも置き方の1つですが、高いところに設置する場合は、貼って剥がせる粘着性のテープなどで固定を行うとより安心です。

寝室だけでなく家族が集うリビングルームや、トイレに置いて使うのもありですし、トイレに置けば閉鎖的な空間が開放的になるでしょう。

車の中での置き方としては、ダッシュボードに固定するよりも、吊り下げる形で設置を行うと楽です。

空間に浮くイメージで設置しますから、車内にアロマストーンの香りが効率良く広がります。

クローゼットも同様に、下に置くよりも吊って空間に広げるのが良いです。

狭い空間に共通するポイントは、思ったよりも強力にアロマストーンの匂いで満たされることです。

大量に使用すると、あっという間に臭気が強くなりますから、空間の広さに合わせて使い過ぎないように気をつけることが大切です。

臭気はアロマオイルによって強さが異なるので、適量については試して導き出す必要があります。

リビングなどのように、開放的な空間だと適量でも、車内やクローゼット内で多過ぎることもあるので注意です。

適量を導き出すことができれば、程良い強さが楽しめますし、ブレンドする余地も生まれます。

コメント