車内でのアロマオイルの使い方は?

アロマオイルは主に室内で使用される事が多いですが、車の中に置きたいという方もいらっしゃるでしょう。

そのようなシーンで最適なのがアロマエッセンシャルなどの天然のオイルで、使い方としてはエアコンの吹き出し口などに設置する事ができますので気軽にアロマの香りを楽しむ事ができます。

エアコンの吹き出し口以外でもシガーソケットに設置するタイプもあり、様々な商品が発売されているのが特徴です。

アロマオイル

車内の芳香剤の代わりに!種類や使い方もいろいろ

車内の香りと言えば芳香剤などが一般的となっていますが、芳香剤の香りは人工的ですので苦手という方もいるでしょう。

そんな場合はアロマオイルのアイテムを使用する事で心地よい空間となりますし、人工的な臭いで酔うような事もなくなりますので最適でしょう。

商品のタイプは最初から香りが含まれている物もありますし、別途アロマオイルを含ませてセットするタイプの物もありますので用途に合わせて選択する事が可能です。

自分の好みのエッセンシャルオイルを用意して、気分やシーンによって使い分けるというのも人気となっています。

こうした専用の器具を使用しなくてももっと簡単で気軽にアロマを楽しみたいという方は、簡易的ではありますがハンカチなどにオイルを含ませるというのもおすすめです。

例えばベルガモットなど好きなオイルをティッシュやハンカチに含ませて、置いておくだけで簡単にアロマを感じる事ができます。

オイルを自分で用意するだけで良いので自由度がアップしますし、コスト的にも抑えられますのでシンプルに楽しみたいという場合には最適です。

タバコの臭いには、こんなアロマオイル

アロマは様々なタイプが存在しますが車の中で使用する際には、例えばタバコの臭いが気になるという場合もあるでしょう。

そんな時には抗菌アロマのような種類を選択するのがおすすめで、エアコンに付けるタイプならさらに効果的に香りが広がります。

ウッディ系の香りのアロマオイルなら爽やかな空間となりますし、リラックス効果も期待できるので快適なドライブが楽しめます。

またハーブ系や柑橘系のアロマなら爽快感があって眠気防止などにも最適ですので、車内の香りとしては向いているかも知れません。

このようにアロマを車内で楽しむにはいくつかの方法がありますが、最初は少量のオイルから始めてみて試してみるのがおすすめです。

アロマは非常に豊富な種類がありますので、少しずつ試しながら自分に合ったアロマオイルを見つける事で快適な運転にも繋がっていくでしょう。

コメント