布団のカビ対策にアロマは効果的?

スポンサーリンク

布団のカビ対策にアロマが効果的だと言われていますが、実はちょっと意味が違います。

ダニのエサとなってしまうのがカビですが、実はこの「ダニ」に効果があると言われているのです。

アロマは人間にとっては癒やされる香りですが、ダニにとっては嫌がる香りになります。そのため、効果的だと言われているのです。

布団 女性

ダニが嫌うアロマの香りでカビ対策

ただし、ダニを退治できるわけではなく、ダニを追い払うことができるという意味です。

殺虫効果はないことを覚えておいた方がよいでしょう。

アロマにはいろいろな種類がありますが、中でもより効果が期待できる種類のものをご紹介します。

1つ目はスッとした香りが印象的な「ティーツリー」です。カビの発生を抑える効果があるとも言われ、肌への刺激も少ないのが魅力です。

2つ目は「ユーカリ」ですが、ツーンとした香りが強すぎると感じる場合もあるので、使用する量は少なめにしましょう。ラベンダーなどとブレンドして使うこともおすすめです。

3つ目はフローラル系の香りの「ロータス」です。「ティーツリー」や「ユーカリ」よりも優しい香りで使いやすいという人が多いようです。

もし迷った場合は、ショップの店員さんへ相談しましょう。どんな香りなのか気になる人は、試してみてから決めても良いでしょう。

スポンサーリンク

カビ対策の具体的な方法

布団に使用する場合は、スプレー容器にアロマ(20滴くらい)、水(10ml)、無水エタノール(40ml)を入れていつでも使えるように準備しておきます(スプレー容器はアルコール対応のものにして下さい)。

無水エタノールを使用しているので比較的長持ちしますが、肌に触れる布団に使用するため、早めに使い切るようにしましょう。

目安としては1ヶ月くらいがおすすめです。

また、スプレーを使用する場合は、肌に直接かけないように注意しましょう。

スプレーを布団やまくらにかけたら、そのまま約30分くらい放置して下さい。これは、香りがすることによってダニの動きを抑えるためです。

時間が経ったら掃除機をかけて下さい。その後でもう一度スプレーすることがおすすめです。

カビ対策のためには、布団を干すことや部屋の換気をする、シーツを1週間に一度は交換するなどという方法もあります。

他の方法と一緒に行うことでカビやダニの発生を抑制することができます。

さらにクローゼットや押入れには、コットンに含ませたアロマを袋に入れて置いておきましょう。

香りがしなくなったら、またオイルを追加して袋に入れることでダニ対策には効果的です。

コメント