アロマでタバコがやめられる!無理しない禁煙の方法とは?

スポンサーリンク

禁煙する方法はいくつかありますが、アロマを利用することで無理せずタバコがやめられる方法もあります。

タバコをやめる方法のひとつに禁煙補助薬などがありますが、薬を使った禁煙は精神的にもつらく、費用も高額だと思います。

長時間禁煙をしているとイラついたり吸いたいという衝動を感じますが、これらの行動は、脳内で脳神経伝達物資のドーパミンの量が減ることで、快感や満足感などが失われているためです。

ドーパミンの量を増やすことで吸わなくても良いという気持ちになることは推測できます。

禁煙

アロマを使った禁煙の方法

このような時にアロマオイルを利用したスプレーや香水を利用すると良いです。アロマの香りにはドーパミンを促進する効果があるものもあります。

ドーパミンの分泌を促す香りに、フランキンセンスとリトセアが代表的です。

これらの香りにはL-リモネンが含まれており、L-リモネンを動物に投与すると血液脳組織内でドーパミンが増加したという証明もあります。

喫煙したい時に、L-リモネンの香りを嗅ぐことで吸いたいという気持ちを抑えられると期待できます。

作り方は、無水エタノール5mlにフランキンセンスを10滴、リトセアを5滴垂らします。使い方は、喫煙したくなったら胸のあたりにスプレーします。

スポンサーリンク

タバコの有害性を改めて知る

それと、煙草がどの程度身体に悪いのか分かっていないという人は多いものです。

煙草の煙には200種類以上の有害物質が含まれており、ニコチンやタール、一酸化炭素などが知られています。

なかでもニコチンやタールは依存性が高く、止められない原因のひとつと考えられます。

ニコチンなどの他に50種類以上の発がん性物質も含まれており、喫煙をすることでがんを引き起こす可能性もあります。

吸っている本人にも有害ですが、有害な物質や発がん性物質は煙にも含まれているため、喫煙している周りにいる人で喫煙しないという人でも受動喫煙の影響があります。

大人だけではなく子供にも受動喫煙の影響はあり、喫煙者と同じようにがんや心筋梗塞、呼吸疾患などを引き起こす要因になってしまいます。

スポンサーリンク

無理をしないでタバコを止めていくことが大切

吸う人だけではなく周囲の人たちにも悪い影響があるタバコを止めるには、喫煙と結びついている生活パターンを変える必要があるでしょう。

糖分の少ないガムなどを噛んだり、身体を動かすことも有効で、どうしても止めることができない場合には、禁煙外来のあるクリニックを受診するのも良い方法です。

様々な方法はありますが、無理をして吸うことを止める方法は続かないものです。

アロマオイルを使用して、スプレーや香水などを作り、無理なくタバコを止める方法を試してみるのも良い選択となるでしょう。

コメント