アロマ石鹸を手作り!簡単な作り方を紹介

スポンサーリンク

アロマ石鹸はアロマ精油をブレンドして作られた、天然のハーブの香りが魅力の石鹸として人気が高まっています。

市販されている商品には、防腐剤や合成化学物質などを一切含まない無添加仕様である製品もあり、肌に優しく汚れを落とすことが出来るアイテムとしても人気があります。

実際に使用されている精油は基本的に自分が気に入った香りをチョイスすることができます。

ただ、ティーツリーの精油ならニキビや吹き出物を改善する効果や、ラベンダーなら沈静化作用で使用するだけでリラックスすることが出来るなど、選ぶ精油によって得られる美容効果などが異なることも魅力の一つです。

石鹸は基本的に市販されているものを使用しているという方も多いですが、最近では自分の肌質に合うものを作りたいと手作りをする方も増えてきています。

アロマ 石鹸

手作りは意外と簡単!アロマ石鹸の作り方

初心者はまず材料をきちんと揃えて、作り方のコツを知れば誰でも簡単に作ることが出来るのでおすすめです。

用意する材料は石鹸素地を300g、好きな精油とローズヒップハーブティーを濃い目に抽出したものを約50cc、はちみつを小さじ2、ジップロックを2枚用意するだけです。

作り方ですが、最初にローズヒップハーブティーをティーバックを小さな鍋で煮出し、少し濃い目に抽出したものを50cc用意します。

次にジップロックを二重にしたものに、石鹸素地を300g入れて抽出したハーブティーが冷めた時点で少しずつ注いでいきます。

後はジップロックをしっかり閉めて中に入れた材料をしっかり揉み、練り込むようにすれば完了です。

この時のポイントとしてはドロドロの状態にならないように注意しながら、少しずつハーブティーを入れていくことが重要になります。

この時にハーブティーを一気に投入してしまうと、泡立ってしまう原因となるので少しずつ入れて練り込むようにしましょう。

スポンサーリンク

香りをブレンドするのもおすすめ

適度に粘度のある状態に練り込むことができたら、次にハチミツを小さじ2入れて、好きなアロマ精油を約50滴入れます。

この時使用する精油は単品でも十分良い香りですが、精油をブレンドしてオリジナルの香りを作ることも可能ですし、事前に色々な精油をブレンドして気に入った香りを選んでおくことが大切です。

精油と一緒に入れるはちみつは、保湿効果を肌に与える他に洗い上がりがしっとりとマイルドな仕上がりになるので、配合することをおすすめします。

後はジップロック内でしっかり揉み込み、耳たぶくらいの硬さに固まってきたのを確認したら中身を袋から出して好きな形に成型すれば完成します。

コメント