アロマキャンドルの使い方※お風呂で香りや灯りを楽しもう

スポンサーリンク

アロマキャンドルには様々な使い方がありますが、お風呂で香りや灯りを楽しむのも一つの方法と言えるでしょう。

お風呂専用のアロマキャンドルも販売されていて、浴室内に置いたり、湯船に浮かべたりすることができます。

アロマキャンドルを浴室で使うことで、疲れた体や気持ちをリラックスさせる効果が期待できます。

アロマキャンドル

アロマキャンドルで贅沢な非日常を味わえる

浴室の明かりを暗くしてキャンドルを灯すと、ほんのりとオレンジの優しい光が放たれます。

この優しい光を見ることで気持ちが落ち着くことでしょう。

また、お風呂は一人で温かい中、体を休めることのできるところであるため、なお心を落ち着かせることを助けます。

お風呂場のタイルの上に置き眺めながら湯船につかってみるのも良い方法であり、湯船に浮かべてあたたかな光を感じるのもよいでしょう。

たったこれだけであまり味わうことのない贅沢な非日常を味わうこともでき、時間や場所を忘れてのんびりとした気分になることも可能です。

スポンサーリンク

美容などにも効果が期待できる

自然の中に多く現れる揺らぎのことをFぶんの1と呼んでいますが、これには波の音や川のせせらぎ、木漏れ日などがあげられます。

そのほかにも電車の揺れや人間の心拍数などが該当し、キャンドルの炎のゆらめきもこの中に入っているので居心地の良さを感じさせてくれると思います。

更に、アロマの香りで心をリラックスさせることもできるでしょう。

心だけではなく、アロマは病気やけがにも効果が期待できるとして、はるか昔から民間療法としても使われてきました。

日本ではそれほど馴染みがないかもしれませんが、フランスでは病気を治す技術として、イギリスでは美容目的にも使われていたものです。

つまり心のやすらぎや美容にも効果が期待できるということです。

スポンサーリンク

いろんな種類を楽しむ

アロマキャンドルの種類にもさまざまなものがあり、種類を選ぶのであれば、その時の気分により使い分けるのが一番の方法です。

寝る前にお風呂に入って安眠を求めるのであればラベンダーやカモミール、気分転換を図りたいのであればレモングラス、セクシーな気分を高めたいのであればムスクなどのように使い分けられます。

ただし販売している場所によっては人工香料などが使われているところもあるので、敏感で心配な場合には専門のお店に行くと良いでしょう。

アロマキャンドルには、そのほかにも自分で作ったり飾ったりする使い方もあるので、自分に合った様々な使い方を試してみると良いでしょう。

コメント