アロマディフューザーはうさぎに悪影響を与えないの?

スポンサーリンク

部屋の中に精油(エッセンシャルオイル)の香りを拡散させる器具・アロマディフューザーは、人間にとって心身をリラックスさせるのに役立ちます。

しかし、ペットとして飼っているうさぎが部屋の中にいる場合、悪い影響があるかも知れないと思って使用を控えている飼い主さんもいるでしょう。

アロマディフューザーは、精油に熱を加えて香りを拡げるのではなく霧上の微粒子にして拡散する仕組みになっているため、身体にその粒子が降りかかる形になります。

うさぎ

うさぎのマッサージに使われるフラワーエッセンスについて

このアロマディフューザーが有害なのかどうかを知るには、うさぎのマッサージに使われるフラワーエッセンスを参考にすると良さそうです。

このフラワーエッセンスは、文字通り様々な花から抽出される物質なのですが、水で希釈した状態にして飲ませたり、皮膚の病気を治す軟膏タイプの物を身体に塗ったりして使われています。

なお、フラワーエッセンスには様々な種類があるため、医師や資格を有するプロの指導を受けてから使う事が望ましいとされています。

これらのエッセンスには香りが強すぎない種類の花が使われているのに対し、アロマオイルは香りが強いため、においに敏感なうさぎにはやや不向きだと言えるでしょう。

また、香りが強いため、使用すると他のにおいを嗅ぎ分けられなくなる可能性もあるため、これも悪影響となるかも知れません。

スポンサーリンク

試しに使ってみて、観察してから使用していくか判断する

しかし、ディフューザーにも様々な種類があり、水と一緒に拡散するミストタイプなら香りが薄まるので、試して見る価値がありそうです。

また、精油の種類によってはうさぎがリラックス出来る物もあるため、これも試して見ると良いでしょう。

どの場合にせよ、しばらく使用して見て状態を良く観察する事が重要です。

ただし、精油を身体に直接つけてマッサージなどをする事は避けましょう。なぜなら、うさぎは身体に匂いがつく事を本能的に嫌がるからです。

このように精油をつけてマッサージされ、嫌がって精油を舐めて取り除こうとした実例もあるので、注意が必要です。

さらに、精油には様々な物質が混合された低品質の種類もあるため、このような商品を購入して使うのも避けるべきです。

他には、出来るだけディフューザーの位置を離れた場所に移す事も重要なので、覚えておくと良いでしょう。

また、アロマテラピーに詳しい動物病院の医師がいれば、相談に乗ってもらうべきですし、アロマやディフューザーに関する書籍も多くあるため、これらをよく読んで情報を集めておく事も必要です。

コメント